デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法です。
この呼び名は、detoxification 、つまり「(体内から毒素や老廃物を)取り除く」、「解毒」の短縮形です。
現代社会を暮らしていく上では、どうしても体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されているといいわれています。

デトックスダイエットは体内に溜まった、毒素(水銀、PCB、ダイオキシン、農薬など)を毒消し効果の高い食品をとることで対外に排出し、健康なからだをもとからつくって、代謝を高めて無理のないダイエットをします。
今話題のデトックスを取り入れることで、今より症状を悪くさせない、または予防することが大切です。

◇ デトックス料理レシピ

デドックスレシピの本

「デトックス」と言う言葉、最近よく耳にしますよね。

私たちの生活の中では、排気ガスや食べ物、そのほか色々なものから、
知らず知らずのうちに体内に毒素を取り入れてしまっているのだそうです。

その毒素とは、ダイオキシンや水銀・・・農薬・・・考えてみると恐ろしいのですが、
この毒素たちを、排出してより健康になろうという健康法がデトックスです。

今は何の問題もない健康体だと思っていても、実は、身体の中には毒素がいっぱい・・・
将来の健康のためにも、デトックスできる部分は、デトックスしていきたいですよね。

デトックスに関する書籍も沢山出ていますが、主婦の方にとって、デトックスレシピの本って
とても気になりますし、興味もあると思います。

主婦向けの雑誌などでも、「デトックスレシピ」が特集で取り上げられていたりすると、
私も思わず、見入ってしまいます。

しかし、よ~く読んでみると、普段の食生活でも少し意識をするだけでデトックス効果を
得る事ができるレシピが出来そうです。

食物繊維
食物繊維を多く含む食材、つまり便通を促す食材を上手に多めに取り入れていくことが
デトックスレシピの基本。

そして、せっかくデトックスするのですから、農薬のついた食材を使わない事、少しコストが
かかってしまいますが、無農薬野菜を使うこと、有機野菜を使う事が基本ですね。

お味噌汁やシチュー、カレーなどに野菜を一品加えたりするだけで、デトックス効果をUPできます。

食事の後のデザートに、フルーツを加える事、おやつタイムも、スナック菓子ではなく、
サツマイモやフルーツにすることだけでデトックス効果UPにつながります。

甘いものが食べたいときは、ケーキよりも、小豆が良いですね。

私はデトックスレシピの本を参考に、いつもの我が家のメニューでデトックス効果を
UPさせる方法を考えていますよ。

なかなか作りなれないものを作ると言うのは大変です。

デトックスレシピの口コミ

デトックスレシピの口コミは、とっても沢山ありますね。
インターネットで「デトックス」と検索すると、様々なデトックス方法が紹介されていますし、
そのデトックス方法を実践した人の感想や体験談なども沢山紹介されています。
とても参考になりますよね。

デトックスレシピの口コミでは、やはり皆さん、それほど難しく面倒なデトックスレシピを考え、
作っているということは少ないようです。
簡単で手軽に、毎日の食生活に取り入れやすいデトックスレシピにこだわり、
それを実践しているという人が多いようですよ。

私も、デトックスレシピの口コミから、「しょうが」を使ったデトックスレシピや、「しそ」を
使ったデトックスレシピを実践しています。

「しょうが」も「しそ」もドリンクに使うのですが、夏場は「しそジュース」、冬場は「しょうがドリンク」
がお勧めですよ。
デトックスレシピからヒントを得て、我が家の口に合う、オリジナルを考えて、毎日の生活に
取り入れています。

オリジナル・・・と言っても、特別なことではなく、ただ、分量が変わるだけ。
子供たち用にはお砂糖を入れて甘くしたり、大人用には、ピリッと濃い目にしたり・・・
そんな感じなので、とっても簡単ですよ。
皆さんも是非、お試しくださいね。

ではレシピを一つ紹介します。

ホットしょうが紅茶の作り方。

紅茶・・・濃い目にカップ半分。
牛乳・・・温める。
しょうが・・・すりおろして絞る。
そして混ぜる。

これだけです。子供たちには、砂糖を加えます。
体が温まりますよ。朝食にピッタリです。