デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法です。
この呼び名は、detoxification 、つまり「(体内から毒素や老廃物を)取り除く」、「解毒」の短縮形です。
現代社会を暮らしていく上では、どうしても体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されているといいわれています。

花粉症は薬などを使って、くしゃみ、かゆみなどの症状をやわらげる方法もありますが、
今話題のデトックスを取り入れることで、今より症状を悪くさせない、または予防することが大切です。
ダイエットを成功させるにも、デトックスは効果があります。

◇ 症状:肌荒れのデトックス

シミの方のデトックス

シミは、そばかすとともに、お肌の内部で作られる色素が沈着したものです。
シミのきっかけとなるのが、太陽の紫外線です。
お肌に紫外線があたると、お肌の一番深いところにあるメラノサイトという細胞が活性化して、メラニンと呼ばれる黒い色素がどんどん生み出され、皮膚を黒くしていきます。これが皆さんご存知の日焼けです。日焼けは、紫外線からお肌を守るためのバリアです。

こうして黒くなったお肌も、秋になって紫外線が弱くなってくると、メラニン色素の生成も自然と減少していきます。そして、メラニン色素で黒くなったお肌も、ターンオーバーの作用で少しずつはがれ落ちて、お肌はまた元の白さを回復していきます。
ところが、何かの原因でメラニン色素が大量に生成されたり、お肌のターンオーバーが衰えているとたいへんなことになります。メラニン色素に染色された一部の細胞がずっと居座るようになるのです。
これが、しみ、そばかすの正体です。

シミが沈着する原因として、紫外線の浴びすぎ、ストレス、女性ホルモンの乱れなどが考えられます。
そして、身体に溜まった毒素も原因のひとつです。毒素は、お肌のターンオーバーを衰えさせるとともに、美肌の大敵である活性酸素を多量に生成します。
紫外線やストレスも活性酸素を作り出すのでが、そこにさらに毒素の影響がプラスされます。
活性酸素は、メラサイトにダメージを与えて暴走させ、メラニン色素を必要以上に作り出すきっかけを作るとされています。
この時に、毒素の影響でお肌のターンオーバーが衰えていると、黒く染色された細胞を処理しきれず、しみの沈着を許すことになります。

デトックス食材:ポリフェノール、りんご、黒大豆、レモンなど。色素生成を抑える、玄米、米油など。