デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法です。
この呼び名は、detoxification 、つまり「(体内から毒素や老廃物を)取り除く」、「解毒」の短縮形です。
現代社会を暮らしていく上では、どうしても体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されているといいわれています。

花粉症は薬などを使って、くしゃみ、かゆみなどの症状をやわらげる方法もありますが、
今話題のデトックスを取り入れることで、今より症状を悪くさせない、または予防することが大切です。
ダイエットを成功させるにも、デトックスは効果があります。

◇ デトックス食品

魚介類を安心して食べる1|デトックス

魚介類で心配になるのが、メチル水銀とPCBです。
メチル水銀の効果的な解毒方法については3つのポイントがあります。

◎フィチン酸の豊富な食品をとり入れる:フィチン酸はの働きは、メチル水銀などの有害金属を捕らえて取り除くことです。米ぬか、小麦ふすま、とうもろこし、玄米、大豆、ごま、おからなどに豊富に含まれています。

◎セレンの多い食品と一緒にとる:メチル水銀の毒性は、セレンと結合することで抑えられます。セレンが含まれる食品は小麦、とうもろこしなどの穀物や、一般の食物に多く含まれているので、バランスのとれた食事をとっていれば、不足する心配はないですが、偏食の人は注意が必要です。

◎亜鉛、マグネシウム、含流化合物、ビタミンB6の豊富な食品をとる:メタロチオネインという体内で作られる含流たんぱく質も、水銀の毒性を抑える働きがあります。その合成に必要な成分が、亜鉛、マグネシウム、含流化合物、ビタミンB6です。それぞれが含まれる食品は次のとおりです。
亜鉛を多く含む食品:ごま、アーモンド、高野豆腐など
マグネシウムを多く含む食品:ごま、海藻、松の実、大豆食品など
含流化合物:松の実、アスパラ、長ネギ、にんにく、だいこん、たまねぎ、高野豆腐など
ビタミンB6:ごま、とうもろこし、大豆、にんにく