デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法です。
この呼び名は、detoxification 、つまり「(体内から毒素や老廃物を)取り除く」、「解毒」の短縮形です。
現代社会を暮らしていく上では、どうしても体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内からも活性酸素などが生成されているといいわれています。

デトックスダイエットは体内に溜まった、毒素(水銀、PCB、ダイオキシン、農薬など)を毒消し効果の高い食品をとることで対外に排出し、健康なからだをもとからつくって、代謝を高めて無理のないダイエットをします。
今話題のデトックスを取り入れることで、今より症状を悪くさせない、または予防することが大切です。

◇ 症状:肝臓病のデトックス

肝臓病予防のデトックス

肝臓は、体内の毒素を分解する器官ですから、肝臓が元気なら毒素が身体に入ってきても排出できます。
また、肝臓は「沈黙の臓器」とよばれていて、胃が痛くなったり、重たくなったりするのと違い自覚症状が現れないので厄介です。
健康診断を定期的に受けてチェックすることが大切です。

食事で身体に入ったものは、肝臓を経由して身体全体の各組織へ運ばれていきます。
毒性のあるものは、全て肝臓で解毒処理されて、身体に安全で必要なものだけが各組織へと送られるしくみになっています。
なので、肝臓の機能が低下してしまうと、解毒処理がうまく行われず、食事で体内に入った毒素がそのまま身体全体に広がって、からだをむしばんでいきます。
肝臓を元気な状態にキープするビタミン、ミネラルを含んだ食品をとって肝臓をいたわましょう。
肝臓を元気にする食品は、肉類、魚類、大豆、カキ、鮭、うこん、たまねぎ、にんにく、セロリ、トマト、ピーマン、パセリ、ロリエです。

肝臓は、私たちの生命活動をつかさどるまさに肝心かなめの臓器です。